constellation

エンパワーメント・ラボ  デルフィス
delphisLogo2.jpg

(右のAをクリックすると文字が大きく表示されます) 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



西洋占星術の発祥はバビロニア時代にまで遡るといわれています。バビロニア帝国では、カルデア人と呼ばれる哲学者たちが天文観測に従事していました(カルデア人は他にも医学・薬学・数学・言語学・建築学等に詳しい知識階級、聖職者階級を形成していたとのことです)。
惑星が常に一定の軌道を通ることに関連して「黄道」が考えだされました。西洋占星術で用いる12星座は、この黄道に位置しています。
当時は国家の運命や農耕の時期を知るために利用されていた占星術は、ギリシア・ローマ時代を経て個人の運命についても推測する神秘哲学体系となっていきました。
(現代ではよく雑誌等で12星座占いとして普及していますが、その多くは太陽の星座のみでの占いです。)

コンステレーション星座という意味ですが、ユング心理学においては「布置」とも呼び、大切にされている考え方です。ばらばらに存在している星たちを遠くから眺めた時、ある1つの星座を構成していることに気付くように、私たちの心の状況と外側に起こることが合致して、あるまとまりをもった出来事として受け止めることができる、「共時性(シンクロニシティ)」と関連の深い見方です。

ここでのホロスコープ・リーディングセッションでは、太陽・月・火星・水星・木星・金星・土星・天王星・冥王星・海王星の位置や関わり方(ポジション、角度)に加え、人間関係や性格傾向に影響を与えていると考えられているドラゴンヘッド・日食・月食という重要なポイントも確認していきます。
12の星座は、火・地・風・水の四大元素のグループに3つずつ分類されますが、各元素の割合が、性格傾向や人生での葛藤、エピソードを理解する上で大変役立ちます。

『私たちは、宇宙から地上に歩み入る用意をするとき、星々からの作用すべてを自分のなかに担います。もちろん、それらの作用は適切な教育を通して、克服できます。しかし、唯物論者のように、「こんなことはすべて無意味だ。そんなものを考慮する必要はない」と言うことはできません。私たちの力を発展させることをとおして、星々からの作用は克服されます。
 人類は将来、「子どもがよいミルクとよい食物を摂っているか」だけを見るのではなく、「この人のなかには、土星の力があの星座の影響下に活動している。あの人のなかには、木星の力がこの星座の影響下に活動している」と見ることになります。
 ある人がカルマによって、たとえば山羊座か水瓶座の不都合な影響下に土星の力を担っており、人生の困難にさらされているとします。私たちがその人を強くするには、その人のなかに他の諸力があるか、入念に探求する必要があります。たとえば、「この人は木星領域、火星領域、あるいは他の惑星領域をどう体験したか」と、私たちは問うことになるでしょう。そうして、いつも、一つの影響を他のものによって修正し、不都合な影響を消していくことができるでしょう。』

~『星と人間 精神科学と天体』  ルドルフ・シュタイナー著 西川隆範訳 (風涛社) より~ 

ホロスコープとは

Fotolia_horoblue.jpg

西洋占星学では、ホロスコープという円形の図形をもとに様々な内容をよみとっていきます。12の星座とハウス、惑星から成る宇宙に1つの自分だけの天体図です。星座と惑星LinkIcon

四大元素

Fotoliahoroscope.jpg

12の星座は3つずつ、火・地・風・水それぞれのグループに分類されています。四大元素は自然界の、そして心理学、錬金術においても重要なキーです。      四大元素の特徴LinkIcon

日食・月食星座

solar eclipse.jpg

ジャン・スピラー氏がインスピレーションによって著した、10の惑星だけでなく日蝕・月蝕の星座がもたらすメッセージは膨大で示唆に富む内容です。各星座がつかさどる主なテーマも紹介しています。
様々な読み方LinkIcon

ホロスコープと育児

Fotolia_horoandc.jpg

星座の特徴はポジティブにもネガティヴにも受け止めることができます。お子さんの星座ごとに使わない方がよい言葉など、トラウマを作らないための例をご紹介しています。
星座別育児のポイントLinkIcon

ページの先頭へ










ホロスコープ・リーディングの特徴

Fotolia_horomono.jpg

以前は四大元素セッションと呼んでいました。ユング心理学におけるタイプ論(直感・感覚・思考・感情という心の4つの機能)の理解とホロスコープが自己や他者の理解と成長のためにとても役立ちます。同じ事柄に出会っても、人それぞれ受け止め方や対処の仕方が違うのは、生きていく時に使うツール(機能)が違うからです。臨床心理学にも、ホロスコープリーディングにも、万人に当てはまる万能の法則はありません。各個人について深く知り、ニーズに合った情報提供やアドバイスができなければ意味がないと考えます。一人一人の中に真実があり、答えは各個人の中から導き出されるという点を重視しているという意味では、個人セッションと変わりはありません。ホロスコープ・リーディングでは、個人の性格傾向と運命傾向をお伝えいたしますが、それだけが目的ではなく、ご自身について深く知っていただいた後に、人生の舵取りに積極的に取り組んでいただけるようにサポートいたします。※日付を指定するような予言等は行っておりません。

運命傾向を知る不安

1330_652769261417300_1940805090_n.jpg

辛く苦しい未来が見えたらどうしよう? というご不安は、誰もが持つものです。ですが、ホロスコープ・リーディングではご本人に受け止められないほどのネガティヴな内容はほとんど出ません。例えば「○○に関してはエネルギーを注ぎ、奮闘するということになっていらっしゃるようです。」とお伝えした時、あぁやっぱりと、腑に落ちることが多く、逆に納得して前へ進んでいくきっかけになります。自分自身ではないものになろうとしていたり、他者から押し付けられた役割を演じようとして疲れていたりする場合、その苦しさの理由がわかり、楽になります。その時に「意識化」できる部分だけが話題にのぼる、という点では個人セッションと同じです。自分自身との調和、大切な人間関係における理解と調和を目的としたリーディングがメインとなります。※相性をお知りになりたいお相手がいる場合はお相手の生年月日もお知らせください。ある傾向の「占い師」は、断定的なアドバイスを与え、人々の不安を煽ったり依存性を助長させたりすることがあるようですが、当方は自立と適応を目的とする臨床心理学的な見地をベースにセッションを行うため、そのようなことはありません。

メールでのお申込み

pcandgreen.jpg

メールでの鑑定をお申込みの場合は、ご予約確定時にお伝えするメールアドレスへ、生年月日(西暦)・もしおわかりであればできるだけ正確なお時間・出生場所(都市名まで)と、お知りになりたいこと、ご相談内容についてご記入の上、返信して下さい。

時間・料金

blueheart.jpg

ホロスコープ・リーディング 
    60分・¥ 7,000
(対面・スカイプ・メール共通)

お申込みフォームより
ご予約下さい。
お申込みフォームへ

≪参考文献≫